ポテトと

littlemonstermarket.com

 

つまり、ある区別が共同体の中で合理的だと承認されるなら、それはあくまで「区別」です0あって、「差別」ではありません。もちろん、時代と条件が変わって、それまで区別として受け入れられていたことが、その根拠に合理性がないとして、差別に転換することもありまこうして見ていくと、差別と区別というのも実体のある問題ではなく、関係性の中から生じてくるものです。当事者だけではなく、その関係を見ている第三者が、これは不正だ、不合理だと声を上げたとき、場合によっては当事者間の「誤解」や「感情的対立」のように見なされがちな事態が、その社会としてぜひ解決しなければならない「差別問題」として浮上するのです。

東ドイツの体制にはいつも批判的だった。だから、ベルリンの壁を越えて逃げようとした経歴も加算されて途方もなく長い刑期を課せられた、と言い張る。昔は腐ったポテトに抗議して、刑務所内で食事改善要求の座りこみストもやったという。負けた東をなじり、勝った西にぴたりと寄り添う。これも哀しき人のならい、か。脈絡なく話しているうちに夕食の時間がきたらしい。ドアから看守の手だけ伸びてきて、黒パン、プレスハム、ニシンの酢漬けを置いていった。

〈名難〉ものが〈名難〉対象が特定されもう一つ指しの非というある。指しの非は、ているだけに、一般的なメッセージよりも威力は大きい。〈名指しの非難〉も、さらに二種類に分けられる。〈自分に向けられた叱責〉と、〈もれ聞いた陰口〉の子ついての評価などが含まれる。〈もれ聞いた陰口〉というのは、自分によく似た他の女たちのことをこき下ろす言葉を聞いてしまったというものだ。「私も同じだ」「私もあんなふうに言われるかもしという形でっき刺さってくるので、他人の話とはいえ、やはりひりひりと痛い。

とくに「お上依存」型の社会は、ある意味では役所の腐敗を必要悪として認める日本社会の病理でもある。官僚統制を批判しながらそれを受け入れる現実は、ある意味での自立心のなさであり、個人主義の確立していない社会の証左でもある。きちんとした自己主張ができず、争いの解決を「お上」に裁きを依存する体質であったり、個人をこえる問題の解決をすべて「お上」に解決してもらうことを前提にすることで成り立っている社会であることがそれである。

それは、もちろん単に気になるからでもあるのだが、実を言うと、経営頭を育てるいい訓練になると思っているからだ。この世の中にある「モノ」は、たどっていくとスタートは、すべて誰かの頭の中に行き着く。誰かのちょっとした言葉が新しい商品のコンセプトになったり、誰かのちょっとした気づきが画期的な工夫になったりすることで、さまざまな物が生まれている。新しいものを生み出す「アイデア」は「ひらめき」だと思われているが、私はアイデアはひらめきではなく「発見」だと思っている。

みんな小学校の同級生だ。警官の説明によれば、子どもたちが集まって遊んでいるうちに、路肩に駐車してあったバイクに乗ろうということになった。キーはついていなか148輔六庫救、ったが、子どもたちは電気回路の線を操作してエンジンをかけたという。そんな技術をいったいどこで覚えたのかと思うが、感心している場合ではない。「幸い被害者は、損害を賠償してくれれば、表沙汰にするつもりはないと言っておられます。

フランクル博士は、そこで生き延びようと闘いながら、驚くべき発見をしたのです。この最悪の状況の中でも、何かのために生きようとする者、何か目的をもっ者は生き延び、希望をすべて失った者たちはすぐに消えていくと。その逃れられないむごい状況の中でも、一つだけ誰にも奪えないものがあったのです。自分がどんな態度をとるかを選び、どんなものの見方をするのか誓う力です。まわりで起きていることにかかわらず、それこそが命と希望を支えたのでした。

彼は猫の「自立的」性格についてよく知っているのだ。こんなわけだから、さすがの猫もアブラハムには一目置いているし、アブラハムの方もムルに対して、その自主性を尊重するようにして接している。猫の恋こら》土争い牡猫ムルの自伝は実に多岐にわたっている。彼の高逼な(そ→して、やや俗っぽい)人生哲学や芸術論が展開されたり、危(むく)犬のポントー‐とその伯父スカラムーッとの関係なども輿Ⅱ牡猫ムル味深いのだが、ここでは、もっぱら彼の恋愛に焦点を当てて語ることにしよう。

 
ホーム RSS購読 サイトマップ